活動紹介|社会福祉法人ふれ愛名古屋|重症児者の笑顔と未来を創る
~重症児者の笑顔と未来を創る~
活動紹介
障がい児を持つお母さんから、
こんな言葉を聞いたことがあります。

私は、この子よりも1日あとに死にたい。

自分が亡くなった後、
誰が、ごはんを食べさせてくれるのか?
誰が、排泄の介助をしてくれるのか?
それほど子どもの将来を心配しているのです。

私たちは重い障がいを持つ子どもとお母さんを
出来る限りサポートするための活動をしています。
さらにそんな子どもたちの未来のために
必要な施設やサービスを作り、人材を育てることにも力を注いでいます。
将来施設ではなく、
この地域で一人で暮らせる環境を実現することを目標にしています。
 デイでは、一人の子どもに一人以上のスタッフがつく、マンツーマン介助です。 テレビはありません。 絵本とCDはたくさんあります。音楽や、手作りの遊びを大切にしています。 重い障がいがあるため、看護師や理学療法士、児童指導員(保育士や社会福祉士、社会福祉主事等)など専門性の高いスタッフが配属されています。 季節感あふれるイベントや遊びを行っています。
 平成24年4月1日に施行された法律で、従来の児童デイ(定員10名)は放課後等デイサービス(就学児)と、 児童発達支援事業(未就学児等)となり、重症心身障がい児を主たる対象とすることが初めて認められました。 これを受け私たちは、2つの児童デイサービスの名称を 「重症心身障がい児デイサービスnatsu」、 「重症心身障がい児デイサービスhoshi」 とし各定員を5名としました。
 更に平成25年5月1日に「重症心身障がい児デイサービスHana」、平成26年3月1日に「重症心身障がい児デイサービスmei」、 平成28年6月1日に「重症児デイサービスmiki」を開設し、支援体制を拡充しています。
ご家庭での介護を支援しています。 外出や、送迎などをお手伝いします。
土日や祝日も支援を行います。
事業所の設立支援をします
 重症心身障がい児者のお母さん・お父さんは大変です。
 なかには、安心した生活ができないのならば自分たちで地域福祉活動を始めよう!とお考えのご両親、子どもたちを支援する医療・福祉関係者もいるでしょう。
 私たちは全国のお母さん方のご要望を受けて、重症心身障がい児者の事業所を設立する支援をしています。
ゼロからのスタート
 愛知県や東海地方にとどまらず、全国で設立支援をしています。
 みなさん、何もない所からの立ち上げ
 子どもの幸せへの思い一つだけで、事業経験ゼロからのスタートで頑張っています。
支援する団体
 愛知県
 ・重症心身障がい児者の社会福祉法人施設で責任者をして来られた方が、理想の支援を目指して地元で開所しました
 ・母親が重症心身障がい児の娘のためにと、一人で頑張って事業所を開所しました
 ・重症心身障がい児のための事業所を新規で始める法人を支援しました

 奈良県
 ・母親が中心となって仲間や専門職を巻き込み、デイサービス事業所を開所しました

 福井県
 ・思いを共有する母親たちと特別支援学校の教員、看護師などがグループとなって、法人設立・事業所の開所をしました

 埼玉県
 ・重症心身障がい児の母親が協力して、事業所を目指しています

 その他、さまざまな形態で重症心身障がい児者の事業所を目指す、法人や団体の開所・運営支援をしています!
研修や資格取得などを応援します。
未来に向けて、共に歩んでいきます。